文系プログラミング技術者の数学の苦労

コンピューターがポピュラーなものになった現代では、理性出身者以外からもプログラミングの仕事に就く人が増えています。必ずしも理系出身である必要はなく、一からプログラミングを勉強してからでも、ソフトウェア開発者になる事は可能です。プログラム制作のハードルが低くなり、難しい理数の知識を必ずしも必要としなくなりました。しかしそれでも、仕事上複雑な理数系の情報処理が必要なプログラム制作を行う場合、文系出身のプログラマーは苦労することになります。

特に、数学などの基礎的な知識は、簡単には身につくものではありません。そのため、仕事で必要になってから慌てて数学を勉強したとしても、仕事では間に合わないことが多いです。文系でも務まるソフトウェア開発の仕事であるとはいえ、理数の知識の地盤を固めておくことはプロのプログラマーとして必要です。いざという時に備えて、数学などを基礎から勉強しなおしておけば、難しい数学の情報処理のコードを組み立てる必要がある場合でも、苦労なくこなすことができます。

学生の頃には数学を苦手としていた人でも、仕事の必要性から改めて勉強しなおしてみれば、意外と数学のスキルが身につけられるものです。苦手意識から数学から離れていた文系のプログラマーは、プログラミングの仕事に関わることが、数学の魅力を再認識するきっかけにもなります。仕事の苦手を克服して、苦労が避けられるのは利点が大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です