プログラミングは文系でも出来ます

よく文系と理系で分けたがる人がいますが、これは人間の種類を分けるものではないのです。文系だからといってプログラミングを習得できない訳ではありませんし、理系でも小説を書く事はできます。

分かりやすい参考書が色々販売されているので、専門学校や大学で学ばなくても独学が可能です。自分から学ぼうとする態度は大切であります。その結果としてプログラミングを身につけることが出来るのです。プログラミングは言語ですから、英語を学ぶようなことだと考えれば文系のほうが有利であるとも言えます。

確かに関数の概念や配列は、数学で学ぶ行列と関係しています。だからと言ってそれらの概念が難しいということはないのです。大切なのは理解をすることが出来るまで継続をする忍耐力なのです。仕事は特別な才能が必要なのではなく、それをどれだけやろうとしたかが関係しています。プログラムはとても楽しいものですから、一度その面白さを知ってしまえばあとは沢山作ってみるだけで良いのです。

パソコンが一台あればどこでも仕事をするということも魅力の一つです。会社に勤務をしてプログラムを作成するだけではなく、個人のプログラマーとして活動をすることも出来ます。自分が作る事ができるプログラムの幅が広がっていくとそれだけ多くの仕事をすることが出来るので収入も増えていきます。このようにステップアップしていく楽しみがあるというのがプログラマーという職種の魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です